東京タヌキ探検隊タイトル

センサーカメラを設置させてください

センサーカメラとは、動物など動くものを感知して自動的に写真を撮る装置のことです。

現在、宮本は2台のセンサーカメラを持っていますが、都会ではなかなか設置できる場所がないためほとんど使っていません。これではちょっともったいないので、センサーカメラを設置していただける場所を募集しています。

●設置場所は東京都23区またはその近隣に限らせてください。

●費用は発生しません。無料です。

●センサーカメラは1〜2週間ほど放置します。そのため、道路上など盗まれる可能性のある場所、不特定多数の人を撮影してしまう場所には設置できません。
民家の庭、ベランダ、企業敷地、学校敷地など放置しておいても大丈夫な場所に設置します。

●タヌキ、ハクビシンなどが確実に来ている場所であることも設置の条件になります。

●センサーカメラの設置と回収は当方(宮本)で行います。

●設置期間中は何もする必要はありません。センサーカメラは山奥などに設置するためのものですので、電池駆動ですし、雨でも大丈夫です。

●庭仕事などを写されたくない場合は、フタをすることもできます。フタをする時、外す時にセンサーカメラが動作しますが、その程度なら電池残量には影響しません。むしろ、センサーカメラが正常に動作していることを確認できるのでありがたいぐらいです。

●撮影された写真の全データは後日CD-Rでお渡しします。写真の使用は、個人で使われる限りでは制限はつけません。個人のブログ、ホームページ、年賀状などでの使用は自由です。
新聞やテレビなどのメディアから使用のお願いがあった場合は、宮本の方へ連絡してください。宮本(東京タヌキ探検隊!)からデータをメディアへ渡します。

●撮影された写真は宮本(東京タヌキ探検隊!)が使用することをご了承ください(ホームページ、書籍、テレビなど)。
ただし、使用するのはタヌキ、ハクビシンなど(他にもネコや鳥も)が写っている写真で、その動物の周囲の部分だけを使用します。場所の特定をされたり、プライバシーに関わるような部分は使用しません。

●連絡先は目撃情報連絡方法のページをご覧ください。目撃情報をまずはお知らせください。

なお、センサーカメラでタヌキまたはハクビシンを撮影できる確率は50%以上ですが、何も写らない結果になることもあります。ご了承ください。

現在の成績:設置回数14回、撮影成功9回

過去の撮影例

タヌキ

タヌキ タヌキ タヌキ
2008年、中野区
2010年、横浜市旭区
(脱毛症状)
2010年、世田谷区
2011年、杉並区
2011年、世田谷区
2013年、調布市

ハクビシン

ハクビシン ハクビシン
2010年、豊島区
2010年、世田谷区
2012年、中野区
     
   

その他

ネコ キジバト シジュウカラ
2010年、世田谷区
2010年、世田谷区
2010年、世田谷区
2011年、八王子市
2011年、杉並区
2011年、西東京市
2011年、西東京市
2011年、杉並区
2011年、世田谷区

センサーカメラの外観

センサーカメラは麻里府商事社製の2008年モデル(FieldNote DS1000)を使用しています(外観は最新モデルとほぼ同じです)。

センサーカメラの通常の設置例です。視野を考慮してこの高さ(75cm)で使用することがほとんどです。脚に巻き付けているのは模造植物です。カムフラージュの効果は不明です。三脚にぶら下げているポリ袋には2リットルのペットボトル(水満杯)が入っています。強風時の転倒を防止するための重しです。近くに柵など固定できるものがあればそれに結びつけ、ペットボトルは使用しません。
雨どいにグリップで設置した例です。防犯灯や防犯カメラにも似ているのでタヌキには警戒されにくいようです。
カメラ部のアップです。カメラはオリンパス製のμ1030SWです(センサーカメラで使用するために製作会社によって小改造されています)。防水仕様のデジカメですので雨でも問題ありません。

 

<スポンサー欄>