東京タヌキ探検隊タイトル

東京タヌキタイムズ

132号(2019年12月) 東京都23区のタヌキの生息分布 武蔵野台地グループ

生息分布地図

タヌキ生息分布図

Googleマップが開きます。

注意点(再掲)

・「サブグループ」は継続的にタヌキが定住している地域を表す。

・「グループ」はサブグループを地理的にまとめたものである。血縁関係・家族関係があるという意味ではない。

・グループ、サブグループの名称は原則として地名を採用している。

・サブグループに含まれる生息数は決まっていない。ただし継続的に定住しているということは1つがい以上が生息していることを意味する。

・サブグループの領域外にはタヌキがまったく生息していないという意味ではない。サブグループの領域(境界線)は便宜的なものでしかなく、その外側にも当然タヌキは生息している可能性はある。サブグループの領域外にタヌキを見つけても自慢にはならない。

・サブグループの領域内ではタヌキが均一に分布しているわけではない。

・意図的に地図に載せていない個体群もある。存在が知られることで生息に影響があるのではないかと心配されるからである。逆にあえて公表することで注意を促している場合もある。

・この情報を元にタヌキを探しても発見できる確率はきわめて低いはずである。タヌキの生息密度は非常に低いためである。マスコミの皆さん、探しても時間のムダです。あきらめましょう。

武蔵野台地グループ 概要(再掲)

御所グループ、目白崖線本郷台上野台グループの西側の武蔵野台地上のサブグループをまとめて武蔵野台地グループとした。
南限は国道246号線。ここより南側ではタヌキの生息は極端に少なくなる(多摩川沿いを除く)。

タヌキは均一に分布しているのではなく、濃淡がある。河川がある場所、緑地が多い場所に生息する傾向がある。

王子サブグループ

北東側のサブグループから反時計回りに説明していきます。

王子駅から西の石神井川沿いの地域。公園、学校、陸上自衛隊駐屯地などタヌキの生息を助ける場所が多くある。
エリアには飛鳥山公園も含めているが、ここでの目撃例はまだない。

エリア外の王子駅から東の地域でも目撃例がある。企業敷地に生息していたらしいと推測されるが、最近の目撃はない。

赤羽西サブグループ

JR東北線・埼京線から西側の地域。
線路の東側の地域ではタヌキの目撃事例は1件だけである(しかも荒川河川敷から来たものと推測される)。

緑地は線路西側の地域で多く、東側ではほとんどない、という要因がタヌキの生息を決めていることがはっきりとわかる。
代表的な緑地は赤羽自然観察公園。また、武蔵野台地の北東端にあたり、急激に標高が高くなる崖地形に縁取られている。崖地形では開発が難しいため緑地が残りやすい。

中台志村サブグループ

環七通り、環八通り、中山道、東武東上線に囲まれた地域。
サブグループが道路などで接している場合は、現実的には便宜的な境界にすぎない。
鉄道線路は移動の障壁にはならない。フェンスなどをくぐり抜けることができなくても、踏み切りから出入りができるからである。
大きな道路は移動の障壁にはなるが、深夜ならタヌキでも横断可能になるため絶対の障壁ではない。

タヌキは広く目撃されているが、生息数は少ないようだ。

大谷口サブグループ

大谷口や向原を含む一帯。大きな緑地があるわけでもなく、なぜタヌキが生息しているのか不思議に思える地域だが、昔から目撃情報はある。
日本大学板橋病院があやしそうに見えるが、付近での目撃情報はない。
大谷口、向原での目撃が多い。

城北中央公園サブグループ

城北中央公園を含む一帯。西は環八通りが境界となる。
城北中央公園とその近辺に生息している。以前は城北中央公園から離れた場所でも目撃があったが、最近はない。

江古田サブグループ

武蔵大学(系列校を含む)と江古田の森公園が主な生息域となっている。これらの敷地外でも目撃はよくある。
武蔵大学近辺は昔から目撃情報があり、敷地内に生息していることは当時から予想されていた。(東京タヌキ探検隊!のデータベースで最初に記録されたのは2006年(DBN39)。)

武蔵大学敷地内では次のような報告が公開されている。いずれもPDFが公開されている。

武蔵学園構内におけるホンドタヌキの生息状況(白井、2017)

武蔵学園構内で確認された疥癬タヌキと2017~2018年のタヌキの生息状況(白井、(2018)

武蔵学園に生息するタヌキの外食率を探る(飯島、斎藤、白井、2018)

自由に利用できるフィールド(観察場所)があるというのはうらやましいことである。

※このエリアからは大きく外れるが、平和の森公園についても述べる。
平和の森公園とその近辺では少数だがタヌキが目撃されている。ただし、継続的に個体群が生息しているかどうかはわからず、サブグループとしては扱っていない。
同公園では2017年より大規模な工事が始まっている。もしタヌキがいたとしても工事に驚いて去ってしまったかもしれない。
工事が終わってもタヌキたちが隠れることができる林が残っていないと定住は難しい。
同公園と周辺での目撃情報がどう変化していくのか注目している。

練馬桜台サブグループ

桜台は以前は目撃がたびたびあった地域だが、最近の目撃はない。この20年ほどで農地などの緑地が減少したからかもしれない。

このサブグループにはとしまえん(豊島園)も含まれる。としまえん敷地内にねぐらがあるか、行動範囲に入っているのは間違いなさそうだが、目撃情報が少ないため詳しくはわからない。

サブグループ全体としては生息数が多いわけではないようだが、確実に定住個体群は存在している。

徳丸西台サブグループ

環八通り、首都高速道、新大宮バイパス、東武東上線に囲まれた地域。
目撃は少ないが生息は確実である。

首都高速道を越えた高島平団地一帯での目撃はさらに少なく、定住はしていないと見られる。

練馬駐屯地サブグループ

練馬駐屯地を含む一帯。自衛隊の敷地内での目撃情報はまず来ないが、周辺での目撃があるので敷地内に生息しているのは確実である。
おそらく警備のセンサーにタヌキなどがひっかかったり、監視カメラに映ったりしていることはあるはずだが…。

赤塚成増サブグループ

赤塚、成増など板橋区西端の地域。
赤塚城趾近辺での目撃が多いが、農地など緑地も多いため広く分布していると見られる。

光が丘公園サブグループ

光が丘公園を中心とした地域。
光が丘公園は夜は真っ暗な場所がほとんどであるためタヌキには都合が良いようだ。一方、暗いためになかなか目撃されにくい。
光が丘公園の他にも緑地は多く、うまく隠れて生息している個体もいそうである。

<スポンサー欄>