東京タヌキ探検隊タイトル

東京タヌキタイムズ

135号(2020年3月) 目撃情報はおおむね正しい

東京タヌキ探検隊!は多くの方々からの目撃情報を集め、分析しています。この時、問題になるのは「その目撃情報は信頼できるのか?」ということです。まったくのでたらめ情報もあるかもしれません。記憶違いで目撃の日時や場所がちょっと違っていたりすることもあります。
日時や場所の情報があまりにも不明瞭な場合はデータベースには記録しません。ここでふるい落とされる目撃情報は時々あります。
動物の種類がはっきりしない場合は「種不明」でデータベースに記録することもあります。

写真や動画が添付されていれば、撮影場所を検証することができます。Googleマップとその機能のひとつであるストリートビューがあれば、多くの場合で場所を特定することができるのです。また、写っている動物の種類も確実に同定できます。写真や動画は-かなり確実な証拠となります。

東京タヌキ探検隊!では、基本的には目撃情報はその通りデータベースに記録しています。私の解釈はなるべくせず、必要な場合は別項目として記録しています。
目撃情報が本当に正しいのかどうか、私にはにはわかりません。ですが、これまでの経験から「目撃情報はおおむね正しい」と考えています。

特に印象深かった事例を紹介してみましょう。

2013年6月、渋谷(住所では円山町)でアナグマを目撃した、というメールが来ました(DBN2602)。
渋谷で?アナグマ?
渋谷にはタヌキは生息していませんし、ハクビシンが多いわけでもありません。そこにアナグマなんてさすがに疑ってしまう目撃情報です。23区にアナグマが生息しているという確実な情報は既にありましたが、それはまったく別の場所。
さすがに渋谷でアナグマはないだろうと思い目撃情報提供者にタヌキなど他の動物ではないかと再確認をお願いしましたが、その動物の外見の特徴をよく覚えており、確かにアナグマとしか考えられないのでした。
驚きではありますが、これほどしっかりした目撃情報は記録しないわけにはいきません。私はこの目撃情報を「アナグマ」として記録しました。

それから1年。
別の方から再び渋谷のアナグマの目撃情報が来ました(2014年7月、DBN3156)。しかも今度は写真付きです。写真の動物は確かにアナグマでした。以前の目撃情報は間違っていなかったのです。
その後さらにもう1件、目撃情報はありました(2014年11月、DBN3359)。これらはすべて同一個体と考えられます。渋谷で1年以上生存していたというのは驚きです。

この件が初めてのことではありませんが、あらためて私は「目撃情報はおおむね正しい」ということを実感し、肝に銘じることにしたのです。
「おおむね」としているのは、細かな誤りや勘違いが時々あるからです。ですので、クリティカルに(批判的に)目撃情報を読むことは必要で、無批判無検討で受け入れているのではありません。ただし、多くの目撃情報を読んできた経験から言うと、「おおむね正しい」と信じていいと思うのです。

目撃情報の収集を通じて、「話はそのまま聞き取る」という習慣はこの10年ほどですっかり私の身についてしまいました。目撃情報の返信に自分の解釈を書くこともありますが、基本は「聞くこと」です。
ですが、この習慣は仕事では役に立たないようです。というのは、仕事の現場ではずばっと指示を出すことが求められるからです。みんなの話を聞いて、意見を調整して…というのでは時間がかかり過ぎでなかなか結論がでません。これではうまく行きませんよね。おかげで会社内での私の評価は低いままです(苦笑)。

話は変わりますが、誰かが話すことをそのまま記録する、というのは民族学では普通の研究方法です。
その例として、松谷みよ子の業績をここで紹介したいと思います。
松谷みよ子と言えば児童文学者として有名です。ですが、私は民話収集の業績を評価したいと思います。
「現代民話考」は明治以降の各種の話を聞き取り、テーマ別に整理した全12巻の大作です。その内容は民話、怪談に限らず、こっけい話、噂話、小話、実話など多様なものです。
松谷みよ子自身の解釈はほとんど加えず、ひたすら聞き取り記録していったものです。(面白いことに時々松谷自身も経験談などを語っています。)

「現代民話考」は最初は単行本(立風書房)で、その後文庫本(ちくま文庫)で出版されました。現在ではいずれも入手が難しいです。
私はタヌキ関係の民話を調べるために何冊かを購入したのですが、とても面白かったので文庫版を時間をかけて全部買いそろえました。Amazonで時々検索していれば安い古本を見つけることは可能です。まあ、ほとんどはまだ読破していないのですが…。動物関係の巻だけでもいつかは読み通したいですね。

民話と(科学的な)タヌキ研究とではあまりにもジャンルが違いすぎるように思えますが、「ひたすら話を聞く」という点では東京タヌキ探検隊!の研究に似ているかもしれないと思うのでした。

※補足
非科学的な民話や昔話が科学的な研究に役に立つのかと思われる方もいるでしょう。私の場合、民話を科学的に説明できないかという視点で読んでいます。
例えば、「偽汽車」は科学的に説明でき、その正体がタヌキであることも間違いありません。
一方、「タヌキ・キツネに化かされた」という話は動物学的な説明は出来ません。
すべてを科学的に説明できるわけではありませんが、こういう視点から民話を読んでみるのも面白いものです。

<スポンサー欄>