東京タヌキ探検隊タイトル

東京タヌキタイムズ

138号(2020年6月) 東京都23区のタヌキの生息分布 河川敷の個体群

生息分布地図

タヌキ生息分布図

Googleマップが開きます。

注意点(再掲)

・「サブグループ」は継続的にタヌキが定住している地域を表す。

・「グループ」はサブグループを地理的にまとめたものである。血縁関係・家族関係があるという意味ではない。

・グループ、サブグループの名称は原則として地名を採用している。

・サブグループに含まれる生息数は決まっていない。ただし継続的に定住しているということは1つがい以上が生息していることを意味する。

・サブグループの領域外にはタヌキがまったく生息していないという意味ではない。サブグループの領域(境界線)は便宜的なものでしかなく、その外側にも当然タヌキは生息している可能性はある。サブグループの領域外にタヌキを見つけても自慢にはならない。

・サブグループの領域内ではタヌキが均一に分布しているわけではない。

・意図的に地図に載せていない個体群もある。存在が知られることで生息に影響があるのではないかと心配されるからである。逆にあえて公表することで注意を促している場合もある。

・この情報を元にタヌキを探しても発見できる確率はきわめて低いはずである。タヌキの生息密度は非常に低いためである。マスコミの皆さん、探しても時間のムダです。あきらめましょう。

河川敷の個体群 概要

タヌキは大河川の河川敷にも生息している。
河川敷は植物が繁茂していれば身を隠すことができ、ねぐらにも巣にもなりうる。夜間はほぼ無人であるのも都合が良い。
これはまたタヌキが人間に目撃される機会がほとんどないということでもある。実際に河川敷での目撃情報は少なく、生息の実態はわかりにくい。河川敷近くでの目撃情報があることから河川敷にも生息していることが推測できるのである。

野球やサッカーなどのグラウンドとして使用されている場所は植物が繁茂せず、隠れることができないため生息はできない。そのため河川敷に連続して分布しているのではなく、離散して分布することになる。
ゴルフ場は人間が密集することはないため生息可能である。

河川敷近くの緑地に生息する例も以下では含めている。

荒川右岸グループ

上流から河口部まで生息している。
河口部では河川敷から離れた所にも広く生息している。

荒川右岸Aサブグループ

上流から岩淵水門までの範囲。
浮間公園一帯も含む
赤羽ゴルフ倶楽部にも生息している。

新田宮城小台サブグループ

岩淵水門から西新井橋までの範囲。
荒川(荒川放水路)と隅田川にはさまれた地域全体を範囲としているのは、河川敷以外の住宅地でも目撃があるからである。

荒川右岸Bサブグループ

西新井橋から清砂大橋までの長大な範囲。長大だが目撃情報が少ない地域である。

墨田区でタヌキが生息するのはこの範囲の荒川河川敷だけである。墨田区の荒川河川敷にタヌキが生息することは以前から推測できていたが、目撃情報は墨田区全体でも長らくまったくなかった(23区で唯一タヌキの目撃情報がない区だった)。
2019年に墨田区での初めての目撃情報があり、執筆時点現在まで5件の目撃情報があるが、荒川河川敷での目撃例は1件だけである。それでも河川敷以外での生息は難しいと考えられ、荒川河川敷が本来の生息場所と言える。
(2019年10月の台風19号では荒川河川敷が水没した。そのため河川敷を離れたタヌキがいたと推測される。台風19号以降では3件が河川敷以外での目撃である。)

小名木川沿いで目撃される例がある。小名木川にそって西進することがあるようだ。
南砂では住宅地で時々タヌキが目撃されている。

新砂サブグループ

清砂大橋から下流の範囲。
砂町水再生センター一帯までも含む。
地図を見ると一目瞭然で、企業敷地、グラウンド、空き地などがあり緑地部分が多い。タヌキが生息するには都合がいい環境がそろっていると言える。

荒川左岸グループ

荒川右岸グループに比べると目撃情報が少ない。

荒川左岸サブグループ

荒川左岸サブグループは区切りの設定が難しいため、ひとつながりの長大な領域になっている。
区分するならば上流側と綾瀬川・中川が並走している下流側に分けられる

荒川右岸に比べると目撃情報が少なく、生息の実態はさらにわかりにくい。

荒川と綾瀬川・中川にはさまれた細長い領域は、両岸の陸地へ行くには数少ない橋を渡らなければならない特殊な地理条件である。両岸との行き来はほとんどないと思われる。
そんな場所でもタヌキが繁殖しているという情報が得られている。
中川が並走している区間では目撃情報は1件しかない(河川敷での目撃ではない)。生息していてもかなり数が少ないと推測される。

葛西臨海公園サブグループ

東京タヌキ探検隊!のデータベースの記録では葛西臨海公園での目撃情報は1件だけだが、ネット検索すると時々目撃されていることがわかる。鳥類園(バードサンクチュアリ)に生息しているため目撃される機会が少なく、生息実態がわかりにくい。

葛西臨海公園は1989年に開園した。土地の大半は埋め立て地であり、タヌキは公園が整備されてから移住してきたと思われる。もともと近隣にいた可能性、荒川河川敷を下ってきた可能性の両方が考えられる。

<スポンサー欄>