東京タヌキ探検隊タイトル

東京タヌキタイムズ

147号(2021年3月) なぜ都会にタヌキがいるのか

昨年2020年末からメディアで東京都23区のタヌキが何度か取り上げられてきました。
それらでは「なぜタヌキの目撃が増えているのか」ということを知りたがっていたようでしたが、記事中、番組中では明確な答えはありませんでした。

この疑問にはいろいろな意味が含まれているように思えます。それが明確でなかったためにうまく解答が得られなかったのではないでしょうか。疑問の詳細を整理してみましょう

「なぜ東京都23区にタヌキが生息しているのか?」
「東京都23区にタヌキは何頭生息しているのか?」
「なぜ江東区にタヌキが生息しているのか?」
「江東区でタヌキの目撃が増えているのはなぜか? コロナウイルスと関係はあるのか?」
「江東区でタヌキは増加しているのか?」
「東京都23区でタヌキの目撃が増えているのか? コロナウイルスと関係はあるのか?」
「東京都23区でタヌキは増加しているのか? 爆発的な増加にはならないのか?」
「タヌキは都会で何を食べているのか? (残飯食べてるんだよね?)」

と、こういったところでしょうか。
それではひとつひとつ答えていきましょう。

なぜ東京都23区にタヌキが生息しているのか?

多くの人は「都会には自然は無い、だから野生動物はいない」と思い込んでいます。
しかしちょっと考えればこれは間違っていることは明らかです。
だってスズメ、ツバメ、キジバト、ハシブトガラスといった野鳥は東京都23区でも普通に見ることができます。これらは野生動物です。昆虫だって野生動物です。チョウ、トンボ、セミなど東京都23区でも昆虫は生息しています。
まず、「都会にも野生動物はいるのだ」という認識を持っていただきたいものです。

「でも東京都23区にはシカやイノシシやクマはいないだろう!」と主張する人がいそうですが、そりゃいませんよ。何でもかんでも生息できるわけではありません。
都会に生息できる・できないの条件の違いはどのようなものでしょうか。
おおざっぱな一般論として、都会で動物が生息するには次の2つの条件が必要です。

・食べ物がある
・繁殖場所がある

生きていくために食べ物が必要なのは当然のことです。タヌキがいるということは食べ物も必要な量が存在しているということになります。タヌキに限らず野生動物が何を食べているかは研究のテーマとしてとても重要です。
シカやイノシシやクマが都会にいないのは、簡単に言えば食べ物が無いからです。里山に出てきて農耕地や生ゴミをあさることはあるでしょう。ですがさらに都市に進出しても食べ物にありつくことは難しくなります。これまた一般論として、体が大きな動物は必要な食べ物も多くなります。食べ物が少ない都会で生きていくのは無理なのです。タヌキは体が小さいので食べ物も少なくてすみ、都会でも生きていけるのです。
動物の中には特定の物しか食べないという種類も珍しくはありません。例えばカワセミやゴイサギ、アオサギといった鳥は魚しか食べません。都会に魚なんているのかと思われそうですが、これらも東京都23区に生息しています。つまり魚もいるということがわかるわけです。カワセミ、ゴイサギ、アオサギを見たいのならば、魚がいそうな川、池、堀を探すのが鉄則です。

繁殖場所については、動物によって必要とする条件が違っていて説明が大変です。一般的には、「数週間から数カ月間、安全に子どもを出産し、育てることができる場所」ということになります。雨風をしのげることも必要です。 タヌキの場合だと、例えば…
民家の床下というのはよくある話です。空き家であればより良いです。ただし、近年の住宅は床下に入ることがまずできなくなっていますのでタヌキにとっては困ったことです。
似たようなもので、寺社の床下、マンション1階のベランダ下、物置小屋の床下(床と地面の間に空間がある場合)などで出産・子育てした例があります。
条件は悪くなりますが、建物と建物の間の隙間、建物と塀の間の隙間、側溝の中という例もあります。雨が心配ではありますが、よほどの大雨でない限りしのいでいけるようです。本当に危険な時は別の場所に退避することもあるでしょう。
タヌキは自然界では穴の中や(地面近くにある)樹洞を利用します。東京都23区にもそのような場所はあるようです。

食べ物と繁殖場所があること、これが生きていくための本質的な条件であり、都会で生活するにも必要なものなのです。 これらに注目すれば都会の動物の観察や研究も面白くなるでしょう。

<スポンサー欄>