東京タヌキ探検隊タイトル

東京タヌキタイムズ

157号(2022年9月) タヌキのレアケース

タヌキ以外の話題を続けていると飽きられそうですので、時々タヌキなどの話もしたいと思います。
ここで取り上げるのは「レアケース」、つまりめったに起こらないことです。普通の調査研究ならわざわざ取り上げることもなく無視されることです。が、私はそのような珍しい事例にも注意するようにしてきました。レアケースであっても、そこにその動物の特徴が現れることがあると考えているからです。

レアケースの前に、現時点(2022年8月末)での東京タヌキ探検隊!データベースの記録数を並べておきましょう。これから紹介することはこれだけの大量のデータにもとづいていることなのです。

●全国
総記録数 6150件
タヌキ 2776件
ハクビシン 2740件
アライグマ 384件
アナグマ 84件
キツネ 75件
他にチョウセンイタチ、ニホンイタチなども記録されている。

●東京都23区
総記録数 4685件
タヌキ 2087件
ハクビシン 2316件 ※タヌキより記録数が多い!
アライグマ 189件
アナグマ 32件 ※目撃は少ないが、確実に定住している
キツネ 1件 ※定住していない

歩道橋を渡るハクビシン

「タヌキのレアケース」と題しておきながら、最初はタヌキではありません。しかし、前にも書いたように、「タヌキだけを見ていてもタヌキのことはわからない」のです。

ハクビシンが歩道橋を渡るという事例は7件あります。いずれも東京都23区です。たった7件、ですが東京らしい事情も見えてきます。
DBN1700は国道246号での目撃例です。246号は幅の広い道路で、ハクビシンやタヌキが横断するには勇気がいる危険な場所です。こういう場合は道路の上を横切る電線を渡りたいところですが、都心の大きな道路では電線の地中化も進んでいて、電線に頼れないこともあります。この時の現場は、少し離れれば横断する電線はありますが、ハクビシンはなんと歩道橋を渡ることを選択しました。
他のケースでも近くに手ごろな電線がないようでした。

※「DBN」はデータベース内での通し番号。場所、動物に関係なく記録順に番号を付けています(時系列順でもない。直近の目撃情報ばかりとは限らないから)。ここではなるべく付記するようにします。

また、歩道橋上でヒトとすれ違う事例もありました(DBN2890、4787)。

歩道橋のヒトが歩く箇所ではなく、柵の外側の狭いところを歩いていく事例もありました(DBN6092)。

目撃例は少ないものの、これらの場所ではハクビシンは日頃から歩道橋を利用しているのではないかという予想もできます。
残念ながら、歩道橋を使うヒトは少ないだろうこと、ハクビシンは夜行性であることから目撃事例はめったにないでしょう。調べるならセンサーカメラ(トレイルカメラ)を使うしかありませんね。

では、タヌキはどうかというと、2件の記録があります。ただし…
DBN5132は、歩道橋に登る途中の踊り場の柵の下にはさまっていた、というもので、歩道橋を渡りきったのかどうかまではわかりません。ヒトに驚いて柵の外に出ようとしたらはさまってしまったのではないかと思われます。タヌキはこの後、警官に助けてもらったようです。
もうひとつのDBN5992は歩道橋なのですが、両端がゆるいスロープになっています。タヌキは道づたいに来たつもりだったのが、あれ?なんで車が下を走っているのだろう??と驚いたかもしれません。歩道橋事例であるような、ないようなケースでした。

ハクビシンは木に登りますし、電線も歩きます。それに対してタヌキは高いところにはあまり登りません。歩道橋事例もそれを反映しているのではないかと思われます。

橋を渡る

言うまでもないことですが、小さい橋ならタヌキでもハクビシンでも他の動物でも渡ります。そうですね、例えば神田川にかかる橋ぐらいなら普通に渡れます。
宮本隊長自身も、ハクビシンが渡るのを見たことがあります(DBN5918、DBN5942、どちらも善福寺川)。どちらもハクビシンは欄干の外側を渡っていきましたが、欄干内側を渡ることも当然あります。

荒川や多摩川にかかるような大きな橋を渡る事例はあるかというと、次のようなケースがありました。

DBN5073、タヌキが清洲橋(隅田川)を中央区側から江東区側へ渡る。
中央区側でタヌキが生息しているとは考えにくいので、このタヌキは江東区側から来て往復したのかもしれません。

DBN3131、ハクビシンが運河にかかる橋(港区)の下の太いパイプを歩いていた。
大きな橋だと下に配管やキャットウォークがあることがあります。橋の上で車やヒトにびくびくするよりも橋の下の方が安心安全でしょう。
橋の下というのは目撃がかなり難しいケースです。そんなところを眺めるヒトなんてまずいませんから。

<スポンサー欄>